認定医申請について

日本臨床腎移植学会 腎移植認定医制度について

日本臨床腎移植学会理事長 藤田医科大学医学部 移植・再生医学 教授 剣持 敬
認定医制度委員会 委員長
大阪市立大学大学院医学研究科 泌尿器病態学 教授
内田 潤次

 仲谷達也前認定医制度委員会委員長が2020年2月19日の理事会にて退任され、僭越ながら、私、内田潤次が後任として第三代委員長をお引き受けすることとなりました。日本臨床腎移植学会腎移植認定医制度はわが国における腎移植医療の質を担保し、公正な腎移植を推進することを目的として2008年に発足しました。初代委員長の相川厚先生と学術教育委員会委員長の杉谷篤先生は認定医制度のシステム構築に尽力なされ、第2代委員長の仲谷先生は認定医制度の整備に取り組まれ、認定医制度の発展にご貢献くださいました。
 わが国の腎移植の現状として2019年には年間腎移植件数がついに2000件を超えました。腎移植レシピエントがより高い水準の移植医療を受けることができ、生体腎移植ドナーに対しては腎提供後、長期にわたり心身の安全性を保障するために、腎移植医療の質の担保が必要です。また、わが国の動向として令和2年度の診療報酬改定にて腎移植関連では心停止後臓器提供に係わる評価の見直し、脳死臓器提供管理料の見直しがなされました。また、腎代替療法指導管理料が新設されています。わが国全体で腎移植推進への風が吹きつつあると考えます。このような状況下、更なる腎移植医療の向上が求められます。腎移植に携わる医師は手術手技、免疫抑制療法、慢性腎臓病管理の習得など総合的能力を養うことが必要です。本制度にて今後も集中セミナーや各種学会での教育プログラムの提供の充実を図り、認定医の質の向上に努めたいと考えます。
 2020年現在、400名以上の認定医が登録されています。日本臨床腎移植学会は自発的に、自主的に腎移植医療の質向上のために努力し、社会へ貢献を果たさなければなりません。これからも委員会委員や学会評議員の先生方に御協力をお願いし、本学会認定医制度を今後もさらに発展させていく所存です。

認定医申請書の送付先

日本臨床腎移植学会腎移植認定医制度 事務局
大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学内
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
Tel : 06-6645-3857
Fax : 06-6647-4426
E-mail: ktnintei@med.osaka-cu.ac.jp

2020年度申請(新規および更新申請)期間

2020年9月1日(火)~10月15日(木) ※10月15日消印有効
※本年(2020年)度の認定医更新予定はございません。詳細はWhat’s Newをご覧下さい。

〇平成28年度より認定医更新条件が一部追加変更になっています。応募の詳細は必ず
認定医申請ならびに更新単位についてをご確認下さい。
なお、資格保留になった方は、必ず上記期間中に更新手続きを完了して下さい。

〇新規申請者には別途口頭試問があります。受験日は2020年12月13日日曜日、場所はアットビジネスセンターPREMIUM新大阪ですが、詳細については書類受領後に該当者に別途ご案内いたします。なお、コロナ禍の影響に伴い、試験形態を変更する可能性がございます。
日程変更、調整のご相談はお受けいたしかねますので、予めご了承ください。
また、学会の入会歴について入会後3年が経過しているか否か不明な場合には学会事務局に申請前にお問合せ頂きますようお願いいたします。

※海外留学などにより認定医の有効期間を延長された方は、ご自身の認定医登録有効期間の切れる2ヶ月前までに更新申請書類一式を延長申請された旨(期間と理由)を書き添えて簡易書留にてお送りください。。

※更新申請者で認定医の有効期間内に海外留学、病気等による休職のあった方はその証明書(留学先等の発行したもので、その期間の明記してあるもの)と認定医登録期間延長申請書を更新申請期間内に事務局宛にお送りください。

審査料・登録料振込先

振込銀行 大阪シティ信用金庫
市大病院出張所(店番 065)
口座番号 普通預金 8051126
口座名義 日本臨床腎移植学会 認定医制度委員会
代表 内田 潤次
新規審査料 20,000円 更新審査料 10,000円
新規登録料 20,000円 更新登録料 10,000円

(※登録料は合格発表後に別途振込みをお願いします。)

※未納分の年会費、振込先等については日本臨床腎移植学会事務局へお問合せ下さい。

 また、手術記録および症例報告等の個人情報については、個人を特定できる箇所について必ずマスクする等、情報の漏洩に十分注意した上で申請書類を送付下さい。
個人情報等の記載があるものや記載漏れのある書類については、そのまま返送させて頂く場合があります。あらかじめご了承下さい。
尚、認定された方については、ホームページ等で氏名等を掲載する場合があります。不都合がある場合は必ずご連絡をお願いします。

PAGE TOP