認定医申請について

日本臨床腎移植学会 腎移植認定医の骨子

認定医としての条件

  • 1)日本国の医師免許を有すること
  • 2)卒後6年以上で日本内科学会認定内科医または総合内科専門医、日本小児科学会専門医、日本外科学会認定医、専門医または指導医、日本泌尿器科学会専門医のいずれかの資格を有すること
  • 3)申請時において3年以上引き続いて日本臨床腎移植学会の会員であること
  • 4)学術集会に1回以上の参加かつ学術集会教育セミナーに1回(2単位)以上の参加があること
  • 5)外科系は通算3年以上臨床腎移植医療の外科的修練を、内科系は通算1年以上臨床腎移植医療の内科的修練を行い、必要な経験と学識技術を修得する
  • 6)業績として臨床腎移植関連の学会・研究会の発表または論文または著書があること
  • 7)医療倫理を尊守していること

申請書類

  • 1)認定医認定申請書(様式1)
  • 2)履歴書(様式2)
  • 3)医師免許証(写)
  • 4)日本内科学会認定内科医または総合内科専門医、日本小児科学会専門医、日本外科学会認定医、専門医または指導医、日本泌尿器科学会専門医の証書(写)
  • 5)認定医診療実績
    内科系(内科または小児科) (様式3-2-A1、2、3、診療実績一覧表(様式3-1))
    外科系(外科または泌尿器科) (様式3-2-B1、2、様式3-2-C1、2、様式3-2-D1、2、診療実績一覧表(様式3-1))
  • 6)業績(様式4)
  • 7)修練施設表および在籍証明書(様式5)
  • 8)腎移植認定医推薦書(様式6)
  • 9)日本臨床腎移植学会学術集会参加証あるいはそれを証明する記録(1枚,コピーでも可;様式7-1)。
  • 10)日本臨床腎移植学会学術集会教育セミナーもしくは日本臨床腎移植学会1日集中教育セミナー参加証あるいはそれを証明する記録(1枚,コピーでも可;様式7-2)。
  • 11)認定医審査料の振込みを証明する記録(様式8)
    (※審査料20,000円)

認定医診療実績

内科系認定医診療実績

必要な診療内容

  • 1)移植腎機能障害の管理(急性期および慢性期の血液透析・腹膜透析・2重ろ過プラズマフェレーシス・血漿交換などの血液浄化療法管理など)(様式3-2-A1)
  • 2)免疫抑制療法の管理(様式3-2-A1)
  • 3)術後内科合併症の管理(感染症、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、透析合併症など)  (様式3-2-A2)
  • 4)腎移植手術の見学 2例 (様式3-2-A3)
  • 5)移植腎生検の診断 5例 (様式3-2-A3)

以上5項目について、1)から3)までの各項目ごとに3例を記載する(様式3-2-A1、2を参照)。4)は2例(様式3-2-A3を参照)、5)は5検体(同じ症例でも可)について記載する(様式3-2-A3を参照)。

外科系認定医の診療実績

必須手技の経験数と経過報告

  • 1)ドナーの適応としての留意点5例 (様式3-2-B-1)
  • 2)レシピエントの適応としての留意点5例 (様式3-2-B-1)
  • 3)腎移植術と腎採取術の術者または助手の経験が合計して10例以上(生体・献腎、期間は問わない)とし、少なくとも腎移植術の術者の経験が5例以上あること
  • 4)術後4週までのレシピエントの経過報告(様式3-2-C-1,2)
    以上4項目について、1)、2)、4)は各項目ごとに5例を簡潔に記載する(様式3-2-B-1、様式3-2-D-1,2)。3)は10例の手術記録を様式3-2-D-1、2に記載するか手術記録のコピーを添付する(術者として5例以上、かつレシピエント腎移植術が5例以上とする)。患者の名前は記載しないか暗号化する。

業績(内科系および外科系も必須)

  • 1)腎移植の臨床に関する論文1編以上(共著者でも可)
  • 2)学会または研究会で発表、1回以上(少なくとも1回は筆頭演者、2回目以上は共同発表者でも可)
  • 3)論文と学会/研究会発表の合計が4つ以上(例:論文1+発表3、論文2+発表2、論文3+発表1)であること (掲載雑誌および学会・研究会は別に定める)

※ 以上の業績は様式4を参照する。

認定期間

5年

試験

試験は提出された診療実績および業績についての口答試験を行う。

提出書類

  • 1)認定医認定申請書(様式1)
  • 2)履歴書(様式2)
  • 3)医師免許証(写)
  • 4)日本内科学会認定内科医または総合内科専門医、日本小児科学会専門医、日本外科学会認定医、専門医または指導医、日本泌尿器科学会専門医の証書(写)
  • 5)認定医診療実績
    内科系
    (内科または小児科) : (様式3-2-A1、2、3および様式3-1)
    外科系
    (外科または泌尿器科) : (様式3-2-B1、2、様式3-2-C1、2、様式3-2-D1、2、様式3-1)
    原則として日本臨床腎移植学会の現評議員および名誉会員に関して診療実績の書類(上記様式3のすべての書類)は必要としない。
  • 6)業績(様式4)
  • 7)修練施設表および在籍証明書(様式5) 原則として日本臨床腎移植学会の現評議員および名誉会員に関して修練施設表および 在籍証明書の書類(上記様式5)は必要としない。
  • 8)腎移植認定医推薦書(様式6)
    原則として日本臨床腎移植学会の現評議員および名誉会員に関して腎移植認定医
    推薦書の書類(上記様式6)は必要としない。
  • 9)日本臨床腎移植学会学術集会の参加証あるいはそれを証明する記録(3枚,コピーでも可;様式7)
    名誉会員に関して日本臨床腎移植学会学術集会の参加証あるいはそれを証明する記録(上記様式7)は必要としない。
  • 10)認定医審査料の振込みを証明する記録(様式8)
    (※審査料20,000円)

PAGE TOP